しらたきと糸コン 博士の異常な発明 Byしらたき

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年07月26日 (13:09)

博士の異常な発明 Byしらたき

博士の異常な発明 (集英社文庫)博士の異常な発明 (集英社文庫)
(2005/08/19)
清水 義範

商品詳細を見る


マッドサイエンティストたちの発明品による、一見「とても役に立ちそう」な発明品たちが現代社会に起こす現象のダークなお話。

ポリエチレンを数分で分解する細菌  ポリクイ菌
ダイオキシンを発生させることなく処理でき、人体にも全く無害という夢のような細菌。
しかも、どんどん増殖して変異していき、最初はペットボトルしか分解できなかった菌が、プラスチックを分解するもの、ゴム製品を分解するもの、と その種を増やしていく。
 
地位も名誉も巨大な富も手に入れた有名映画監督が創設した最先端科学研究所。
そこで研究され、監督が手に入れたかったものとは…
 
一度沈没した日本が突然浮上し、考古学上の論議がなされる一万年後の研究者対談。
トチョーシャは神殿だったのか。そこに仕える巫女たちは厚底のブーツを履いていたのか。
どんなものを食べ、どんな衣類をまとい、どんな社会だったのか。

透明人間とは、その肉体が透明になるのではなく、その存在がまったく気付かれなくなる「存在感のなさ」によるもので、その物質ミエートリノを摂取すると目の前にいても全く気付かない。
 
    などなど…

21世紀は かつてのマッドサイエンティストが創作したものが具現化してきた世界。
さぁ、これから実現される世界はどれだろうか。



 
スポンサーサイト
カテゴリ : 読んだよ記事のURL
アクセスカウンター
アクセスありがとう
プロフィール

しらたき&糸コン

Author:しらたき&糸コン

しらこん掲示板
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
登録よろしくおねがいします
最新トラックバック
リンク
ひろがるblog
QRコード
QRコード

Appendix


ありがとう0系新幹線
かれんだー
Google検索
本日のオススメ献立
簡単レシピ
漫画・マンガ
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。