しらたきと糸コン しりとり読書(?) by しらたき

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年06月20日 (20:40)

しりとり読書(?) by しらたき

間取りの手帖remix
間取りの手帖remix (ちくま文庫 (さ7-1))間取りの手帖remix (ちくま文庫 (さ7-1))
(2007/03)
佐藤 和歌子

商品詳細を見る


文庫サイズになってパワーアップ?
巻末が対談になっていたんだけど、そこでこれから読もうとしていた本を見透かされたような話が…

SW(佐藤和歌子):住む町を選ぶ決め手はなんですか。
I:なんだろうね。でも一つ心に決めてる。中央線沿線は避けてます。

中央線沿線に一度住むと、中央線の磁場から離れられないような気がして。線路上の二次元移動しかできなくなりそうでしょ。(略)
あの沿線は独特だよね。都市に来た変人にも、居心地のいい町だとは思うんだ。



中央線なヒト―沿線文化人類学 (小学館文庫)中央線なヒト―沿線文化人類学 (小学館文庫)
(2003/05)
三善 里沙子

商品詳細を見る


中央線- 私自身としては接点のない沿線なのだが、なぜか知り合って「変わったヒトだな」と思う人は中央線沿線住民が多いという印象が強かった。
と思ってたら ホントにそうなんだ(笑)
というか、それさえ誇りなんだな。
卑下しながらもそれさえ楽しむというか、誇りにしているたくましさが羨ましい。

車掌さんの恋 (講談社文庫)車掌さんの恋 (講談社文庫)
(2008/04/15)
有吉 玉青

商品詳細を見る

電車の中の物語かなぁと思ったら全然違った。

電車は日常の場面でも、そうでない場面でも関わることが多い。
なにげなく乗っている電車の中にも人生の重大事を迎えている人がいるかも知れない。
どんな人が、どんな想いを抱えてそこにいるのか。
外から持ち込まれたその想いがどんな終結に向かっていくのか。
電車の行き先のようにハッキリしないものだろうか。


   
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://shirakon.blog33.fc2.com/tb.php/257-8db7416b
アクセスカウンター
アクセスありがとう
プロフィール

しらたき&糸コン

Author:しらたき&糸コン

しらこん掲示板
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
登録よろしくおねがいします
最新トラックバック
リンク
ひろがるblog
QRコード
QRコード

Appendix


ありがとう0系新幹線
かれんだー
Google検索
本日のオススメ献立
簡単レシピ
漫画・マンガ
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。