しらたきと糸コン 花の下にて春死なむ Byしらたき

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年04月30日 (00:55)

花の下にて春死なむ Byしらたき

花の下にて春死なむ (講談社文庫)花の下にて春死なむ (講談社文庫)
(2001/12)
北森 鴻

商品詳細を見る


旨いビールと料理の店「香菜里屋」  物静かなマスター・工藤
客が持ち込む謎を聞きながら、静かに解決へと導く。
しかし本当の答えがそこにあるのかは描かれていない。

北森 鴻氏の作品はメビウス・レター以来。
あの作品で最後のどんでん返しというか、後出しじゃんけんみたいな卑怯さを感じたのが、この作品でもやっぱり感じてしまった。
なんというか、全部を提示せずに最後で「さぁどうだ」とひけらかす。

作品の雰囲気はとても好き。
小さな店に出入りする常連たちの謎解きの会話も軽妙。
ただ、謎が一つでないだけに、なんだか話が散漫な印象を受ける。

サラリとして読みやすく、その世界に入ればハマるかも。
スポンサーサイト
カテゴリ : 読んだよ記事のURL
アクセスカウンター
アクセスありがとう
プロフィール

しらたき&糸コン

Author:しらたき&糸コン

しらこん掲示板
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
登録よろしくおねがいします
最新トラックバック
リンク
ひろがるblog
QRコード
QRコード

Appendix


ありがとう0系新幹線
かれんだー
Google検索
本日のオススメ献立
簡単レシピ
漫画・マンガ
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。