しらたきと糸コン 「カーナビが間違いです」 by 糸コン

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年09月29日 (03:33)

「カーナビが間違いです」 by 糸コン

地図が進化して、カーナビになったとて、
それが間違っていたら、目的地にはたどり着けない。
(このばあい、たどり着けることはたどり着けるようだけれども)

そして、それをほったらかしにしない、ほったらかし温泉の人。

「ナビが誤り」看板林立なぜ 山梨・ほったらかし温泉
asahi.com 2008年9月28日14時0分

TKY200809270007.jpg

写真 カーナビの案内通りに行かないよう呼び掛ける、ほったらかし温泉の看板=山梨市矢坪

 露天ぶろから、富士山や甲府盆地の夜景を一望できることで有名な人気の温泉「ほったらかし温泉」(山梨市矢坪)。年間約45万人も訪れる県内屈指の人気スポットだが、標高700メートルの山中にある温泉に車で向かうと、「カーナビが間違いです」という看板がいくつも現れる。なぜ? 
 「最初に来た時は、カーナビと看板のせいで道に迷ってしまいましたが……」と話すのは友人と埼玉県から来た20代の看護師の女性。笛吹川フルーツ公園からほったらかし温泉は、そこから車で近い。温泉へ向かう道を上っていくと、沿道5カ所に看板がある。Uターンの赤い印とともに、「カーナビが間違いです」「フルーツ公園を通り抜けて下さい」と書いてある。
 うっかりカーナビを信じて進むと、でこぼこした山道に入り込んでしまう。幅は車1台通るのが、やっとの狭さ。そのまま上りきって、やっと片側1車線の広い道路に出て、ほったらかし温泉にたどり着く。細い山道は、他人の私道だった。
 「看板は、カーナビ通りに進まないように私が立てました」と温泉を経営する常岡通社長。常岡社長が、温泉を開いたのは1997年。人気が増すとともに、私道に入り込む車が急増した。
 カーナビに地図データを提供する会社の一つ、ゼンリン(北九州市)によると、データは国土地理院の地図からと同社の住宅地図、そして社員が現地調査をして作成している。今回のケースについて、担当者は「市街地から離れれば、離れるほど案内が不正確になることはある」と言う。
 温泉側が、看板で指示している正しいルートはフルーツ公園を抜ける市道。ただ、分岐点はフルーツ公園の駐車場にしか見えない。しかも市道は06年12月まで「公園内道路」扱いだった。常岡社長は「だからカーナビで検索されなかったのではないか。近くまで来たら、とにかく看板の指示に従ってください」と話している。(手塚絢子)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://shirakon.blog33.fc2.com/tb.php/138-0408fd0e
アクセスカウンター
アクセスありがとう
プロフィール

しらたき&糸コン

Author:しらたき&糸コン

しらこん掲示板
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
登録よろしくおねがいします
最新トラックバック
リンク
ひろがるblog
QRコード
QRコード

Appendix


ありがとう0系新幹線
かれんだー
Google検索
本日のオススメ献立
簡単レシピ
漫画・マンガ
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。